1 obi01.jpg はじめに柄の位置を確かめます。名古屋帯の場合、胴に巻く前の部分と、お太鼓や垂れの部分に絵づけされていることが多いので、絵柄の位置には常に気を付ける必要があります。
2 obi02.jpg 帯板は一巻きでも二巻きでもかまいません。柄位置が決まってから、きちんと真中に収まるように入れます。
3 obi03.jpg 一巻き目の手先を肩にあずけて、ひと締めします。

<< Previous index Next>>