1 nagagi01.jpg きものをはおり、袖を通します。共衿先と衿下を合わせ、背中心が曲がらないようにします。
この際、後衿を長襦袢の衿と重ねてピンチで止めておくのもひとつのほうほうです。こうしておくと、 きものが肩からはずれたり、背中心がずれたりするのが防げます。
2 nagagi02.jpg 長襦袢の袖ときものの袖をそろえておきます。
3 nagagi03.jpg 衿を持ち、着丈を決めます。
着丈がずれないようにしっかり引きながら押さえておきます。

<< Previous index Next>>