1 kitsuke01.jpg 肌襦袢、裾除けをつけ、足袋を履いておきます。

ウエストに補正が必要な場合は、この時にしておきます。

次に長襦袢をはおり衿先を揃え、着丈の調整をしておきます。

衣紋は各々の好みにもよりますが、あまり抜きすぎないようにします。
2 kitsuke02.jpg 衿の合わせは、年齢、好み、きものの種類にもより多少違います。

若い方はあまりあけずにきちんと合わせたほうが清潔感が出て良いでしょう。
3 kitsuke03.jpg 左右同じ位置に衿をあわせ、胸紐でしっかり押さえます。

<< Previous index Next>>